フランクミュラーのロングアイランドシリーズ


いわずと知れた、高級時計の代名詞であるフランクミュラー。設立は1992年と比較的歴史は浅いものの、斬新かつ美しいデザインと、優れた機能・構造で世界中の時計ファンから愛されています。

中でもロングアイランドシリーズは、古典的なスタイルに現代的なアールデコの解釈を加えて生み出された、人気の高いシリーズ。2000年に発表されて、フランクミュラーの新しい方向性を示したともいわれているのです。そこで今回は、クラシックな雰囲気のロングアイランドシリーズを商品別にご紹介します。

「ロングアイランドSS」

「ロングアイランドSS」

こちらは、ロングアイランドシリーズの中で、カラーやデザインが比較的スタンダードなタイプ。「ロングアイランドSS」のSSとは、ステンレススチールのこと。さびにくく強度もある素材です。

また、フランクミュラーの特徴である、文字盤に描かれたビザン数字。これはアラビア数字のレタリングの1つで、文字盤いっぱいに配置されています。
しかし、その配置を窮屈に感じさせることはなく、美しく計算されたまとまりのあるデザインになっています。

カラーはブラックとシルバーで、全体的にシックな雰囲気。よく見ると針の色がネイビーで、デザイナーの細かなこだわりを感じさせてくれます。

「ロングアイランド グランギシェ」(K18PGピンクゴールド)

「ロングアイランド グランギシェ」(K18PGピンクゴールド)

「グランギシェ」は、フランス語で「大きな窓」という意味です。日付表示のために文字盤にあけられた2つの窓と、中央下に配された秒針など、これらのパーツが丁寧に作り込まれています。

クロコストラップの存在感と、ベルトと文字盤のブラックカラーでスタイリッシュな印象ですが、素材にピンクゴールドを使用しているため、大人かわいい雰囲気も漂います。
普段使いはもちろん、ビジネスシーンでも活躍しそうですね♪

「ロングアイランド カラードリーム」

「ロングアイランド カラードリーム」

2004年に発表された「カラードリーム」は、カラフルなビザン数字がユニークかつインパクトのある時計です。さらに、文字盤の背面には透かし彫り加工が施されており、角度によって数字が浮かび上がります。

時計のベルト部分やケース、文字盤の背景はシルバーカラーで統一。文字盤のカラフルなビザン数字を引き立たせるかのようなデザインです。

人と差をつけたい、少し個性的なアイテムを身につけたい、というこだわり派の方にはぴったりではないでしょうか。

「ロングアイランド プティ」

「ロングアイランド プティ」

ロングアイランドシリーズの中でも、小ぶりなサイズが特徴の「ロングアイランドプティ」。鮮やかなブルーと、ホワイトカラーの針と数字が爽やかな印象を与えてくれます。

ベルトは文字盤と同じブルーの色合いですが、ベルトの素材に「アリゲーター」を使用しているため、ツヤ感とマットで落ち着きのある風合いをプラス。
モノトーンカラーのコーディネートに、アクセントとして取り入れるのもおすすめです。

「ロングアイランド クレイジーアワーズ ダイヤモンド」(K18PGピンクゴールド)

「ロングアイランド クレイジーアワーズ ダイヤモンド」(K18PGピンクゴールド)

フレームにダイヤモンドがちりばめられた、高級感あるロングアイランド。職人の手作業により、1つずつセットされたダイヤモンドだからこそ、仕上がりも丁寧で美しいのでしょう。

さらにこちらの時計は「クレイジーアワーズ」と呼ばれる、時の概念に対して新しいアプローチで創作されたもの。
通常、文字盤の数字表記は1番上に12時で、そこから右回りに配置します。しかし、フランクミュラーはあるべき数字の場所に違う数字を配置し、変則的な見せ方でありながら、正しい時間を刻む時計を生み出したのです。フランクミュラーの思いが存分に込められた、まさに芸術品ともいえる時計といえるでしょう。

おわりに

伝統を重視しながらも、卓越した技術を持ち、斬新なデザインやアイテムを作り続けるフランクミュラー。ブランドの魅力がそのまま詰まった腕時計は、どれもステキで長い間愛用できそうですね。ぜひ、フランクミュラーのロングアイランドシリーズから、お気に入りを見つけてください。